日本企業に必要な新たな課題「BCP対策」とは?

災害時に重要なBCP対策とは?

BCPとは、会社にとって損害が大きい非常事態が発生した時にその被害をなるべく抑え、ビジネスを早く再開させることを目的とした事業継続計画のことを指します。BCPで行うことは災害時の安否確認、人命救助からその後の会社のシステム復旧までをマニュアル化した非常時対応マニュアルにまとめられ、会社に電子ファイルと紙のファイルによって保管されます。会社で非常事態が起こった時はこのマニュアルに沿って業務を再開することになるのです。

自然災害に対するBCP対策

BCP対策が必要となる状況としてもっとも身近なものが自然災害です。地震が多い日本だからこそ、災害が起こった時にそれぞれが冷静に動けるマニュアルが必要となるのです。もちろん、地震だけではなく、台風や水害、そのほか感染症でのパンデミックなども自然災害に対するBCP対策の対象となります。自然対策におけるBCP対策で大切なことは、日常的に訓練や従業員への教育を怠らず、いざ非常事態に陥った時に1人1人がパニックにならずマニュアルに沿った行動につけるようにしておくことです。また、マニュアルは定期的にその時々の情勢に合った最新のものに書き換え、使うときに古くて参考にならない、などのトラブルが発生しないようにしましょう。

人為的災害によるBCP対策

BCP対策の対象は自然災害だけではありません。インターネットやエネルギーの進化が著しい現代だからこそ、外部からのサイバーテロや電力会社、原子力発電所の事故などにおける人為的な災害にも備える必要があります。また、外部だけではなく会社内で発生した問題もBCPによって対策することができます。コンプライアンス違反による流出問題や、食中毒、商品のリコールなど会社を経営していくうえで持ち上がる様々問題において詳細なBCPを設定しておくことで、その後の会社経営に大きな差がでてくるでしょう。

BCP対策は具体的にはサーバーなどを外部の遠隔地に置いておく事で、本社機能を持つ場所で仮に災害が発生したとしても、バックアップが取れ企業の安定継続ができます。